【お一人様3枚まで】びわこふきん 生成
536c55ab83f1532dd5000013 536c55ab83f1532dd5000013 536c55ab83f1532dd5000013 536c55ab83f1532dd5000013

【お一人様3枚まで】びわこふきん 生成

¥440 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー13件

送料についてはこちら

【おひとり様3枚までお願い致します。】 生産が追い付いていないため、当店への入荷は極わずかです。一人でも多くの方に手に取ってもらえるよう、どうかご協力くださいませ。 びわこふきん(微和呼)  ++++++++++++++++++++++++++++ 素 材:ガラ紡(棉)100% サイズ: 32cm×35cm 用 途:食器洗い、台拭き、汗拭き、手拭きなど 色  :生成り *断ち切り面の2辺はフサがあります(写真3枚目一番上がびわこ食器洗いふきんです)。縫い加工のあと、ていねいに糸抜きされていますのでほどけてきません。 ++++++++++++++++++++++++++++ びっくりするほどよく水を吸います。 「食器洗い」となっていますが、ろばの家ではずうっとこれをキッチンでの手拭きとしても使っています。食器洗いとしての優秀さは、HPの記事でもご紹介しております。洗剤なしで、茶渋も脂汚れもばっちり落ちます。ステンレスやテフロンなどエコ系洗剤では今一つ油汚れの落ちが悪いものも、キュキュッとピッカピカに。大切な漆器を洗うのにも適しています。 とにかく吸水性がよいので、手が濡れていても、これでさっとぬぐうだけですぐに「のり」も「かつお節」もつかめてしまいます。それがどんなに便利なことかは、このびわこ布巾を実際に試してみないことには理解できないのではないか、と思います。ストレスフリー。 はじめはタオルとして、1年ほど使って少し汚れてきたらレンジまわりの台ふきんとして、それでも汚れてきたら今度は雑巾に。雑巾として使う時もお湯だけで手垢も脂汚れも落ち、木製家具やガラスもピッカピカです。 こういった、一見なんの変哲もないような一枚の布が、それを知ってしまったその瞬間から「なくてはならないモノ」「他に代用のないモノ」となってしまう。あまりに使い勝手がよくて、心地よくて、その上エコ。周りにすすめずにはいられない。人に教えてあげたくなる。…そんなおせっかいな気持ちが、ろばの家の基本です。びわこふきんは、ろばの家の道具選びにひとつの基準を設けた、大切な一枚です。 非常に手のかかる昔ながらの行程をふむため生産が追いつかず、今回も納品まで2か月待ちました。 ~~以下製造元資料より~~ お湯とびわこがあれば洗剤なしで食器がきれいに洗えます。 30年前より原料を落綿からメキシコ産及びインド産原綿に代えた以外ほとんど変わらないロングセラー商品です。生成は脱脂精練のみの加工。時々布についている黒い粒は綿実のかけらで無害です。 *色について画面で見た感じと実際の商品の色が少し違うこともあります。 *びわこの商品はすべて、必要以上に見た目をよくすることはしていません。鮮やかな色をだす為の蛍光剤や織りやすくするため糸に薬剤を使うなどはしていません。袋から出したびわこ製品がすぐ水に馴染むのはこの為です。又、凸凹したがら紡の糸でつくっていますので多少の織り傷や織り溜まり、綿実のかけらの付着などは防げません。ご理解をお願いします。 ~製造元に寄せられた質問から~ Q.油はどこへ?どうなってしまうのか? A.びわこふきんに抱き込まれた油は繊維によって細分化されて流され出る。布には残らないし、手の平より布の方が油のなじみがよいので手の平も油でべとつくことはない。 Q.油で排水管がつまる心配はない? A.細分化された油は集合し大きくなることはないが、温度が下がると固まる。でんぷん質とまじりあった油が管に付着するが、EM(ぼかし)菌の液を流すと油もでんぷん質も自然分解されて排水管がつまることはない。 Q.どうしてこんなに丈夫で長持ちするのか? A.以前は再生綿・落綿を原料としていたが、今は新しい原綿になって耐久力も増している。長持ちもするがいつまでも使い易くて捨てられないというひとが多い。 Q.洗濯の方法は? A.でんぷん質は木綿に付着して残るので使い込むと重たくなる。一週間に一度くらい石けんをつけて煮沸するのがよい。同時に消毒もできる。 ++++++++++++++++++++++++++++ びわこふきんとは・・・・・・・  びわこふきんはガラ紡と呼ばれる日本独自の紡績方法で織られた木綿の布です。ところがこれが大変なすぐれ者で、『びわこ』とお湯さえあれば、洗剤なしで食器洗いができるんです。洗剤を使わないから、手荒れに悩まされることもなく、又、生活排水で、川や池を汚すことも少なくなります。こういった理由で、消費者団体を中心に、主婦層に指示されています。  20年前に、洗剤に含まれるリンによって滋賀県琵琶湖の汚染が引き起こされ、地域住民が、リンを含む洗剤を追放する運動を起こしました。時同じくして、開発されたふきんでなので、合成洗剤使用をなくしたいという願いを込めて、『びわこ』という名をつけました。  びわこふきんが、なぜ、洗剤なしで、汚れが落ちるのか?それは、デコボコしたガラ紡糸自体に、油や汚れを取り込み、布として抜群の吸収性と吸油性を誇っているからです。こういった特長から、浴用として石鹸なしで摩擦洗いすることで、肌荒れやアトピーに効果があることがわかってきました。  合成洗剤を使わないことから、人にも、環境にもやさしい、そんな暮らしを、『びわこ』としませんか。  (朝光テープ有限会社 朝倉 照勝 :朝光テープ有限会社は、びわこふきん・和太布の製造卸会社です)