【再入荷】Sessantotto リネングラス拭き
54e437c92b34928e7e00019a 54e437c92b34928e7e00019a 54e437c92b34928e7e00019a 54e437c92b34928e7e00019a 54e437c92b34928e7e00019a 54e437c92b34928e7e00019a

【再入荷】Sessantotto リネングラス拭き

残り3点

¥1,290 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料についてはこちら

※画像をクリックして全体像をご覧ください。 ※手作りのためサイズが微妙に異なります。 ※ご覧のモニターによって、若干色調が異なる場合がございます。 ++++++++++++++++++++++++++++ メーカー:Sessantotto(68houseオリジナル) 品名:リネングラス拭き 素材:麻100% サイズ:短辺約38㎝、長辺69~70cm 製造地:日本 ろばのウチで愛用しているグラス拭き。ワインの飲むことが多いろばのウチですが、色々なグラス拭きを試してみて、このくらいのサイズがあったら…など、日々の経験をもとに研究して作ったオリジナルのグラス拭きです。 ワイングラス専用に、化繊のクロスも販売されていますが若干残る臭いが気になり、天然素材で試していましたが木綿はどうしても毛羽がグラスに残ってしまいます。 やはり毛羽の少ない麻を選び、使い続けていましたが、目のつまった生地だと毎日洗っていても少しずつカビのような黒いシミが付くことが多く、困っていました。 ある時麻でも目の粗く織られた生地を見つけ、使ってみたところ大正解。吸い取りもいいし、びしょ濡れになりにくいのです。 厚手なので大変丈夫で、使うほどに馴染み、どんどんやわらかくしなやかになっていきます。ろばのウチでは引っ掛けて使っているのでフックを2箇所つけました。(画像3枚目)グラスに限らず、食器拭きとしても勿論お使いいただけますよ。 特徴その1:厚手の麻布を使用しているので、大変丈夫です。いくつもグラスを拭き続けても吸水力の良さが続きます。 特徴その2:織り目の粗い布なので、乾きやすくカビや臭いなどが発生しにくい。 特徴その3:両手でグラスの腹と脚を同時にふきんで持てる十分な長さと、グラスの中を拭く時にはかさばりすぎない程度の幅に仕上げました。 特徴その4:壁などに掛けておけるよう、対角線上に2箇所フックを縫い込んであります。掛ける際どちら側でもかけられるので便利です。 ご注意:使い始めのうちは、毛羽が出ることがありますが、何度も洗いを重ねるうちに毛羽が出にくくなります。 お手入れ法: 洗濯機で洗えます。普通のお洗濯方法で構いませんがグラス拭きとしてお使いになるなら香りの強くない洗剤の使用をお勧めします。 天然素材のため黄ばみます。石鹸で洗って10分ほど煮沸すれば白さがよみがえりますが、どうしても気になる場合は漂白剤も使用できます。酵素系の漂白剤をおすすめしますが、塩素系の漂白剤をご使用になる場合は薄めてお使いください。濃すぎると、生成りの色がまばらに抜ける場合がございます。