NEWS

Babaghuriの定番銅ケトルに新作登場。暮らしを彩る手仕事の小物が揃いました。

こ、これはかわいすぎる。持っているだけでも満足してしまいそうな美しいケトルは総打ち出しの銅製でBabaghuriから。毎回入荷する度に完売してしまう人気のぐるぐるワイヤーシリーズの、新作です。

Babaghuriは世界各地で失われつつある手仕事にフォーカスするヨーガンレールの生活道具ブランド。品質の均一化、効率を追い求めるあまりわたしたちが見失ってしまった手仕事の良さを再評価してもらいたい…。故ヨーガンレールさん自身が愛用していた道具や食事、つまり彼のライフスタイルそのものを紹介してきたわけですが、まあこれが有名ブランドとは思えない小規模ぶりなのです。予定納品も遅れるし欠品も多いし、お客さまに継続してご紹介するのは本当に一苦労。でもそれを忘れさせてくれる素晴らしいセレクトです。そもそも、いついつに何個この企画のものが入荷する、という画一性を求めること自体ブランドコンセプトに反するのですから当たり前といえば当たり前、文句を言っちゃあいけません(笑)。一枚一枚仕上がりの違う手織りの布や草木染め、サイズがバラバラな宙吹きのグラス、毎回干し上がりの色や風味が微妙に違う無農薬のハーブティー…。どれをとってもヨーガンさんの審美眼が貫かれた、ストレスフルな現代の暮らしをゆるやかに、そしてより豊かに彩ってくれるものばかり。ひとつひとつの個体差こそが魅力であることを、改めて教えてくれます。

燕到来…?春の訪れと暑い夏への備えを知らせてくれる涼しい音色。長く尾を引く美しい重音、ぜひ動画でお聴きください。南部鉄器の鋳物の燕鈴、竹の舌が優しい音色の有田焼の風鈴は白、藍縞の二色、そして毎年恒例の小田原鋳物の風鈴も届きました。

Onlineショップのトップページに動画を掲載しました。そのための撮影がもう、大変だったのなんの…。昨日パパろばと二人で店内で撮っていたのですが、なにせ素人ですから動画自体慣れていません。加えて相手は風鈴と言う動く物体。燕は実物は鋳物で型の跡やざらざらの手触りなどニュアンスがあるのに、窓際に吊るせば逆光で真っ黒、白い壁側で撮影すればコントラストが強すぎてこれまた影絵か?というほどベタ塗り…。そして音!実際の風にあたれば難なくチリーン、チリーンと鳴っているのにドアを開けると外の騒音がうるさくてうまく撮影できません。無風状態で撮影するのに手で揺らしたり団扇であおいだりするのですが、動画はブレブレ、団扇のパタパタいう音も入る。やっと「お、今回はうまくいったかな?」と思った瞬間ブオ~ンとトラックが通る…。焦りから緊迫感が高まってきてせっかくうまくいきかけているのに二人で顔を合わせた途端プッと吹きだして笑い声がはいったり…。そのドタバタの末の撮影成果がコチラです。あんまりよく聞こえなくてもお許しください。実物はもっとクリアで美しい音色です。
https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=UeXhbRBTqaI

上記の風鈴のほか、「こんなの欲しかった!」と密かな人気でじわじわと広まってきている真鍮のフック画鋲も、久々に再入荷しています。さりげないのに気が効いていて、探してみると実はなかなか見つからないんですよね。店頭では「玄関でカギを引っかけているんだけど便利で、アクセサリーをかけるのにも使おうと思って」と追加でお探しの方。壁一面にカードホルダーになるよう2個ずつ段違いで配置して、ちょっとしたアートコーナーを作っている方。…などお客さまからいろいろな使い方を教えて頂けて楽しいです。キッチンでローリエや唐辛子など結わえたハーブをアレコレ並べるんもいいですよ、と携帯写真を見せてくださった方も。使い方は無限、想像力を駆使して楽しいコーナーをつくってくださいね。